いらっしゃいませ〜。ようこそ、甘味処誠樹庵へ。
さ、どうぞ奥のお座敷へ…
こちらでは、お客様にあま〜いお菓子をお召し上がりいただくために、心も体もくつろいでいただいています。
私の言うとおりに、体を動かしてください。
まずは、全身から力を抜きましょう。
では、ぐーっと、伸びをしてみましょう。
はい、伸びをしてー・・・
はい、ふーっと力を抜いてー・・・
さっきまでより、力が抜けているのがわかりますか?
さ、もう一度、ゆっくりと・・・
伸びをしてー・・・
力を抜いてー・・・
体が楽になる・・・

さ、もう一度。
ぐーっと、伸びをしてー・・・
すーっと、力を抜いてー・・・

はい、次は、深呼吸をしましょう。
ここは甘味処ですから、あまーいにおいが漂っています。
深呼吸するときは、このあまーい匂いを、胸いっぱいに吸い込んでください。
ゆっくりと息を吸い込むと、心が落ち着いてきます。
息を吐くと、ストレスや疲れだけが、外へ出て行きます。
息を吸うたびに、心が、穏やかになっていきます。
息を吐くたびに、いらないものが外へ出て、すーっと楽になっていきます。

それじゃ、私の合図で息をゆっくり吸って、ゆっくりと吐いていきましょう。
鼻から吸って、口から吐き出してください。
はい、息を吸ってー・・・
息を吐いてー・・・
吸ってー・・・息を吸うと、あまーい香りに包まれる
吐いてー・・・息を吐くと、体から力が抜ける・・・柔らかくなる・・・
吸ってー・・・あまい。あまーい…
吐いてー・・・柔らかくなる…
吸ってー・・・あまくて、気持ちがいい。心が、落ち着く。。
吐いてー・・・力が、ぬける。
吸ってー・・・あまーい香りが、体中に広がる…
吐いてー・・・全身が柔らかくなる…

すっかり、力が抜けましたね。あまーい香りに、囚われてしまいましたね。
さぁ、くつろいだまま、あまーいお菓子を食べましょう?
すごーく、すごーく美味しいですよ。
あまーいお菓子、あまーい香り、あまーい、あまーい世界…
なんだか、しあわせな気分になりますよね。
なんだか、気持ちいいですよね。
お菓子を食べるのは、しあわせ。
お菓子を食べるのは、気持ちいい。
しあわせは、気持ちいいと一緒。
しあわせだと、気持ちいい。
気持ちいいと、しあわせ。

ふふっ。
決―めた。今日は、わらび餅にしましょうね…
いま、あなたの目の前には、わらび餅があります。ぷるぷるして、とっても美味しそう…
でも、まだきな粉がかかっていません。
これから、きな粉をかけます。
今回は、特別なきな粉を用意してあるんです。
すごーく香ばしくて、とぉっても風味のいい、私の特製きな粉。
袋を開けて…ゆっくり傾けて…たっぷりのきな粉を、かける。
あまーい香りに、香ばしい香りが混ざる。
あまーい香りと香ばしい香りが混ざって、あなたの胸を満たす。
二つの香りが混ざって、きもちいい。
香りが混ざると、あなたの意識も、混ざっていく。
どんどん、混ざる。あまい。香ばしい…
ぐるぐる、まわる。きもちいい。
香りが混ざって、段々意識がぼんやりしてくる。
意識が、混ざる。ふわふわと宙に浮くような感じがする。
香りが混ざる。次第に、考えることが出来なくなっていく。
意識が、混ざる。もう何も、かんがえられない・・・
もうあなたには、あまーい香りと、香ばしいきな粉の香り、それに、ふわふわになった意識しかありません。
さぁ、お菓子を食べて、気持ちよーく、なりましょう…?
しあわせに、なりましょう…?

ひと口、食べる。
口の中に、あまーい香りが、広がる。
あまーい香りで、しあわせ。
あまーい香りで、気持ちいい。
ふた口、食べる。
きな粉の香ばしい香りが、広がる。
香ばしさが、快感が、あなたを包む。
あなたに、染みこむ。気持ちいい。
あなたに、染みこむ。とっても、しあわせ。
み口、食べる。
とろとろ、ふわふわの食感が、あなたの舌を、脳を、とろけさせる。
心が、とろける。
全部、とろける…
よ口、食べる。
全てが、混ざる。気持ちいい。
まるで、自分がわらび餅になったよう。
いつ口、食べる。
ただただ、気持ちいい。
ただただ、しあわせ。
あまーい香りが、気持ちいい。
香ばしい香りが、気持ちいい。
とろとろ、ふわふわの食感に、とろける…
すごく、きもちいい…
すごーく、しあわせ…

どこまでが現実なのか?  わからない。
どこまでが自分の体なのか?  わからない。
ただただ、気持ちいい。
心が、体が、溶けていく。
別の何かに、作り変えられていく…
でも、それが気持ちいい。
とろけるのは、気持ちいい。
とろけるのは、しあわせ。
作り変えられるのは、気持ちいい。
作り変えられるのは、しあわせ。
気持ちいいから、何も問題はない。
しあわせだから、何も問題はない。
どんどん、とける。
とけて、崩れていく…
崩れた心が、体が、少しづつ違う形になっていく。
だんだん、形が変わっていく。
だんだん、形が整ってくる…
今のあなたを構成するのは、あまーい香りと、ふわふわ、とろとろの食感。
さっき召し上がったものと、同じですね。
そう。あなたは、わらび餅になりました。

あなたはわらび餅です。ふわふわと柔らかくて、とろーりあまーい、わらび餅です。
でも、まだきな粉がついていません。
きな粉がついていないと、美味しく食べてもらえませんね。
きな粉がないと、香ばしい香りが、あの包み込むような、染みこむような快感が得られませんね。
だから、あなたはきな粉が欲しい…
でも、自分では動けませんね。だって、わらび餅は自分で動いたりしませんから。
きな粉、欲しいですか?欲しいですよね。
10から0まで逆に数えたら、あなたにきな粉をかけてあげます。
きな粉をかけると、じんわりと快感がしみ込んでいきます。

ほら、行きますよ…
10 9 8 袋が開く…
7 6 5 段々、近づいてくる…
4 3 もう、そこまで来ている…
2 袋が、傾く…
1 もう、袋から零れ落ちそう…
0
ふふっ、ぷるぷる震えてますよ…?
気持ち良かったんですか?
でも、まだまだきな粉がついていない部分がたくさんありますね?
いっぱい…まぶして欲しいですか?
欲しいですよね?
だって、きな粉をまぶされるのは、気持ちが良いから…
ふふっ、それじゃあ、たぁーっぷり、きな粉をまぶしてあげますね?
ころころ、ころころ…
体が、たっぷりのきな粉の中で転がされる…
くるくる、くるくる…
それが、気持ちいい。
ころころ、ころころ
気持ちよくて、たまらない…
くるくる、くるくる…
もっと、転がして欲しい。まぶして欲しい…
ころころ、ころころ…
気持ちいい。
くるくる、くるくる…
快感が、しみこむ…
香ばしい香りが、快感が、体を突き抜けていく…

ふふっ…
ほぉら、きな粉がしっかりとまぶさりました。とっても、美味しそう…

でも、塊が大きすぎて、これでは食べることが出来ません。
折角美味しく出来上がったのに、食べてもらう事が出来ません。
食べられると、もっと、もっと気持ちが良いのに…
食べるのが気持ちいいのと同じで、食べられるのも、気持ちいい。
ううん、食べられるほうが、もっと気持ちいい。
だって、わらび餅は、あなたは、食べられるためにあるんだから…
あつーい唾液が、ぬるぬるの粘膜が、やわらかい舌が、あなたを、味わってくれるから…
美味しい、って言ってもらうのが、何よりもしあわせだから…
美味しい、って言ってもらうのが、何よりも気持ちいい…
でも、このままじゃ食べられないですよね。
食べて、もらえないですよね。
あーあ、美味しそうなのになぁ…
食べたら、きっと美味しいのに…
食べられたら、きっと気持ちいいのに…

ふふっ…切ないですか?でも、大丈夫。
大きいなら、切り分ければいいんです。
切り分けられるのも、すごーく、すごく、気持ちが良いですよ…
さぁ、いきますよ…
あなたの体に、菓子楊枝が刺さる…
でも、それが気持ちいい。
菓子楊枝が、体を割いていく…
それが、たまらなく気持ちがいい。
割かれた所から、体が、熱くなる…
はい、あなたの体は二つに分かれました。
それじゃあ、また、きな粉…まぶさないといけませんよね?
断面にも、しっかりと…ね?
きな粉の上を、ころころ転がして・・・
きな粉の上で、くるくる回して・・・
あなたの体は二つ。だから、体二つ分、気持ちいい。
ふふっ、待ちきれないですか?
じっくり、まぶしてあげますね…
ころころ、ころころ…
すごーく、気持ちいい…
体に、快感の波が押し寄せてくる…
くるくる、くるくる…
ふかーく、快感に落ちていく…
体に、快感が、染み込んで行く。
ころころ、ころころ…
気持ちいい。
くるくる、くるくる…
ふかーく、落ちる。
はい、きな粉がしっかりまぶせました。

でも、まだ、ちょっと大きいですね。
まだ、食べにくそうですね。
大きくて食べられないなら…また切り分けてしまえばいいですよね。
今度は、二つになった体を、それぞれ四等分しましょう。
これで体は8つ。増えた分だけ、気持ちよくなりますよ…

ふふっ。

あなたの体に、菓子楊枝が刺さる。
快感で、意識が飛んでしまいそう…
縦に、割かれる。
熱くなる。
横に、割かれる。
気持ちいい。
もう一つの体にも、菓子楊枝が刺さる。
快感が、押し寄せる…
縦に、割かれる。
もっと、熱くなる。
横に、割かれる。
もっと気持ちいい。

それじゃあ、きな粉をまぶしていきましょうね。
ころころ、ころころ…
体が、痺れる。
快感で、痺れる。
意識が、痺れる。
心が、溶ける。
くるくる、くるくる…
体が熱い…
芯から、とろけてしまいそう…
ころころ、ころころ…
痺れが、快感に変わっていく…
くるくる、くるくる…
熱さが、快感を高めていく…
きもちいい・・・きもちいい・・・きもちいい・・・
どんどんどんどん、気持ちよくなっていく・・・
ほら…ほら…ほら…ほら!

もう、すっかりきな粉まみれ。
体中を、快感に覆われる。
体中に、快感が染みこむ。

とっても、美味しそう。

あなたは、とっても美味しそうなわらび餅になりました。
それじゃあ、次は…
ふふっ、もう、分かってますよね。
私が、あなたを、食べてあげる。
舌の上で転がして…
くちゅくちゅ、くちゅくちゅ噛んで…
最後に、こくん、って、飲み込んであげる。
ほら、想像してみて?
私の唇に、触れるところ。
私の唾液に、包まれるところ。
私の舌に、嘗められるところ。
私の歯に、噛まれるところ。
私の喉の奥へ、飲み込まれるところ…
さっきまでは、ただの準備。私に食べてもらうための、準備。
準備だけであんなに気持ち良かったんだから、実際に食べられたら…

ふふっ。

それじゃあ、いただきまーす。
菓子楊枝があなたに刺さる。
体が、熱い…
気持ちいい…
ゆっくり、口元に運ばれる。
胸が、どきどきする。
柔らかい唇に、触れる。
触れたところが、熱くなる。
口の中に入る。
ぬるりとした唾液が、あなたを包む。
溶ける。
快感に、溶けていく。
柔らかい舌が、あなたを嘗め回す。あなたの全身を蠢きまわる。
体中を、快感が駆け巡る。
舐められた所が熱い。
全部、熱い。
気持ちいい。
私の歯が、あなたを噛む…最初はやさしく、段々激しく…
それが、たまらなく気持ちいい。
快感が、突き抜ける。
まるで、雷に打たれたよう。
喉の、奥へ。飲み込まれる。
体が、溶ける…
溶けていく。
意識も、溶ける…
ひとつになる。
わたしと、あなたが、ひとつになる。

あぁ、美味しかった。
もうひとかけ。
菓子楊枝が、あなたに刺さる。
熱い…
気持ちいい…
ゆっくり、口元に運ばれる。
どきどきする。
唇に、触れる。
触れたところが、熱くなる。
口の中に入る。
唾液に、包まれる。
溶ける。
快感に、溶けていく。
柔らかい舌が、あなたを嘗め回す。あなたの全身を蠢きまわる。
体中を、快感が駆け巡る。
舐められた所が熱い。
全部、熱い。
気持ちいい。
私の歯が、あなたを噛む…歯が、食い込む…
それが、たまらなく気持ちいい。
快感が、突き抜ける。
まるで、雷に打たれたよう。
喉の、奥へ。飲み込まれる。
体が、溶ける…
溶けていく。
意識も、溶ける…
ひとつになる。
わたしと、あなたが、ひとつになる。


すごく、美味しいね。
だから、今度は二つ、まとめて食べちゃおうか。
快感も、二倍。
ふふっ。

菓子楊枝が、あなたに刺さる。
体を二つ、串刺しにする。
すごーく、熱い…
熱くて、何も考えられない…
ゆっくり、口元に運ばれる。
胸が、期待ではりさけそう…。
柔らかい唇に、触れる。
触れたところが、火傷しそう。
口の中に入る。
ぬるりとした唾液が、粘膜が、あなたを包む。
快感に、包まれる。
快感に、溶けていく。
柔らかい舌が、あなたを嘗め回す。あなたの全身を蠢きまわる。
体中を、快感が駆け巡る。
舐められた所が、熱い。
全部、熱い。
すごーく、気持ちいい。
私の歯が、あなたを噛む。じっくりと、あなたを味わう…
ひと噛みごとに、快感が駆け抜ける。
快感が、脳へ突き抜ける。
喉の、奥へ。飲み込まれる。
体が、溶ける…
溶けていく。
意識も、溶ける…
ひとつになる。
わたしと、あなたが、ひとつになる。


ふふ…今度は、みっついっぺんに食べちゃおうかな。
今度は、三倍。
耐えられるかな…?
ふふっ。
菓子楊枝が、あなたに刺さる。
体をみっつ、串刺しにする。
全身から、火が出るよう…
体が、跳ねる。
快感に、跳ねる。
ゆっくり、口元に運ばれる。
胸が熱い。
心臓が熱い。
あと少し…もどかしさで、切ない。
柔らかい唇に、触れる。
触れたところが、体が、跳ねる。
口の中に入る。
唾液に、溶ける…
体が、もう、とろとろになってしまう…
快感に、溶けていく。
柔らかい舌が、あなたを嘗め回す。あなたの全身をまさぐる。
快感の波が、押し寄せる。あなたを、もみくちゃにする。
外側も、内側も、全部。全部が、気持ちいい。
全部が、熱い。
心も、体も、全部、全部気持ちいい。
私の歯が、あなたを噛む。最初はやさしく、だんだん強く…
歯があたるたび、快感が走る。
食い込むたび、体が跳ねる。
快感が、電流が、突き抜ける。
体が、痺れる。
脳が、痺れる。
心が、痺れる。
全部、全部痺れる。
喉の、奥へ。飲み込まれる。
体が、溶ける…
溶けていく。
意識も、溶ける…
溶けていく。
ぜーんぶ、溶ける…
ひとつになる。
わたしと、あなたが、ひとつになる。


もうあなたは、たったひとかけらしかなくなった。
これを食べたら、あなたはもう、無くなってしまう。
どうする?食べられないでおく?
無くなっちゃったら、もう、気持ちよくなれないもんね。
でも、食べられたいよね?食べられたいんでしょ?
もう…後戻り、できないんでしょ?
体のことなら大丈夫。
無くなったら、また作ればいいの。
私は、あなたの事はぜーんぶ知ってる。
味も、匂いも、いい想い出も、悪い想い出も、形も、色も、家族も、あなたを構成するものは、ぜーんぶ知ってる。
ちゃんと、作り直してあげる。
だから、大丈夫。
安心して、いいんだよ。
安心して、食べられていいんだよ。
無くなったら作って、また、食べてあげる。
食べて、作って、食べて、作って、食べて、作って。
何度でも、何度でも。
さぁ、気持ちよく…なろ?
ひとつに…なろう?
最後のひとかけは、どんなに美味しいんだろうね。
どんなに…気持ちいいんだろうね?
10から0まで、逆に数えるよ…
10 菓子楊枝が、あなたに刺さる。
9  口元に、運ばれる。
8  唇に、触れる…
7  口の中に、入る。
6  唾液に、まみれる。
5  舌が、踊る。嘗め回される。
4  くちゅくちゅ、噛まれる。
3  くちゅくちゅ、くちゅくちゅ…
2  舌が、蠢く。
1  喉の、奥へ…
0

あなたは私に食べられた。
ひとかけ残らず、私と一緒になった。
気持ちいいね…
すごく、安らぐね…
すこし、もうすこし、このままでいようか…
やさしい、あまーい世界で、私と一緒に、少し、眠ろう?


(3分間、無音or寝息)

 

さぁ、起きて…
これから、あなたの体を、もう一度作ります。
体ができてくるにつれて、意識がはっきりとしてきます。
すこしずつ、頭のもやが晴れて、すっきりしてきます。
自分の呼吸を、コントロール出来るようになります。
浅く呼吸することもできますし・・・深く呼吸することもできます。
10まで数えたら、もう元通り。
すっきりと、気持ちよく目覚めることが出来ます。
1 体の感覚が戻ってきます。
2 腕に、力が入れられるようになります。
3 グッと、力を入れてみてください。
4 意識が、はっきりしてきます。
5 さっきまでは気にならなかった物音が、はっきりと聞こえてきます。
6 唾を飲み込んでみましょう。意識がよりはっきりとします。
7 もう一度、両手に力を入れてみましょう。
8 もう、ほとんど目は覚めています。
9 さぁ、目を開けて・・・
10

おはようございます。
よく、お休みでしたね。
夢の中でも、美味しいわらび餅を、食べていらっしゃったんですか?
すごーく、幸せそうな寝顔でしたよ。
ちょっと、きゅんっ、って来ちゃいました。
なんて、ね。
ふふっ。
当店は、いつでもあなたのご来店をお待ちしております。
また、あまーいお菓子が食べたくなったら、お越しください。
今度もまた、精一杯、おもてなしさせていただきます。
本日は、ご来店ありがとうございました。

 

ごちそうさまです。

inserted by FC2 system